上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バ━ヾ(*´∀`*)ノ━ンチャ☆  大変忙しくて、ネトゲどころか睡眠すらままならない状況の にくきゅう です。

先日気付いたのだが、俺 にくきゅう でmixi勢いで作ったの忘れてた^^ので、これからmixiもいじろうかなっと思える秋の日・・
メッセが来ていた。それもつい最近・・内容は『blogの攻め方・守り方続きは!?早く更新して下さい。お願いします。死ねばいいのに・・』www
って人には、『検索してはいけないキーワード』をググッてそれらのワードを検索してガクブルになればいいと思うよ・・

という事で、一発目として、クラン戦で何故か人気大の第三倉庫編をば少々・・
クラン作りたてや、KD50以下とかで募集掛けているクランの人が見れば為になるかもだが、『猫よwっわww』
クランは見ない方がいいよ^^
まず、クラン戦の流れから説明します。昔々、クラン戦=SRの出来で試合が決するといっても過言ではなかった。
が、ここのところARの調子でも展開が変わるような気がします。
そこで、今回ARでの立ち回りを少々・・
先ず、ARはSRを倒そうと思わないこと。
SRのいないポイントで少しでも相手を削ること。
自分は出来るだけ生き残れるようにする事。

これらを頭に残しといて下さい。
また、たまに『俺HP少ないから突撃するね。』←これはあまりほめられません。
人数差ってのはかなりの戦力になるからです。相手にプレッシャーも与えれますし・・

さて本題。
とりあえずメンバー一人一人ここのポジション得意!!ってのをみつけましょう。
で、ARでも相手を削る事の出来る箇所を探しましょう。

にくきゅう の場合。 今回は階段の奥の頭を出しているのを倒してみます。
CTの際、階段周りを倒しに行きます。
最初階段を直視してるのを前提に攻め上がりB中の棚をクリアリング→居なければ相手は奥階段か、部屋の中、部屋までの通路、Bの中かBの棚まで絞れます。で、今回は奥階段のお話・・

kaidant.jpg
ここは相手が頭だけを出しているのが多いです。戦う際のポイントとして、右側にあまり出ない(部屋からの攻撃を受ける可能性がある為。)
次に自分のHPを出来るだけ残すこと。一・二回チャレンジして相手を倒せなければさっさと諦めて引きましょう。
次に倒し方。階段の一番奥の床にめがけてタップ打ちで一・ニ発発砲して隠れるX2・3回。HSが出るはずです。
後は、フレや、クラン員にお願いしてひたすら練習して感覚を覚えて下さい。
ちなみにここはたまに練習しなけりゃ直ぐに感覚忘れます。


kaidanct.jpg
また、CT側で守る際は、こんな感じ。これで相手から頭が少し見えるだけで、こっちからは丸見えです。
階段の段差を目安にして覚えて下さい。あまり下がりすぎると相手を撃てないです。
ポイントとして、左右にレレレをしながら相手を待つ(SRが来た場合当たりにくい)。
相手のヘッドの位置を覚える・・目安として、右にスイッチがあるのでその少し上が頭になります。
弾痕残してるからその場所ね。もちろんタップ撃ちでおk。

これが奥階段の基本と私はしています。我流なので、もっと強い人のブログを参考にして下さい。


次に、A側のショートの攻め方です。
SRに倒してもらうのもいいですが、ショートの通路中に居る場合、味方SRが危なくなります。
SRが覗く際は、ショート中に投げ物を入れたほうがいいと思われます。
さて、ARが抜く場合、私の好きな戦法のひとつがこれです。

said1.jpg
SRにロング張ってもらい、一人見えないところから土台してもらって

said2.jpg
すとんと横滑りで降りる。

said4.jpg
こちらからは降りた際、こんな感じで見えます。あらかじめ右・左・緑箱と山を張っておいた方がいいです。

said3.jpg
相手からは、上手く降りれた場合、こんな形でいきなり上から降ってくる感じです。
一瞬だけ攻めが有利になりえるかも!?

ただし、Aショートの中に入って守るひとは上手な人が多いので、使いどころを考えるといいでしょう。


にくきゅう は、クラン時に相手を削る役がとても好きです。ですが、AIMが糞なので、大体この二箇所を抜く事に特化した立ち回りを心がけています。

皆さんも出来るだけ得意は箇所ってのを、2箇所くらい作るのを試してみるのは如何!?

BY おいおい長文とか久々だなぁ、要望あれば他の場所も続くかもしれない にくきゅう







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sleepingcats55.blog118.fc2.com/tb.php/191-c1677d7f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。