上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このゲーム勝つコツの一つ、ポジションについての攻略です。
今回は第三倉庫での防御側のARの良いとされるポジションを図を使って解説します。
第三倉庫簡易マップ

緑色の●は奇襲ポイントで、狩りやすいですが、同時に死にやすいポイント。
青色の●は監視ポイントで、死にづらいですが、撃てない場所です。基本ジャンプで監視します。
赤色の●はお勧めポイントで、各場所に二人以上いると効果が高い場所です。


奇襲ポイント

1番の場所は敵に警戒されなければかなり有効なポイントです。ポイントは銃を箱に隠すように座る事です。 横を向くと銃が出てしまいますが、視界に少し通路が見えるくらいに構えると敵は見えません。 Aロングから、グレネードを投げ、すばやく箱裏に隠れましょう。
A横に敵が行った場合は無視します。Aロングに入ってきた場合はあえて、一人無視しましょう。 二人目は警戒無しにロングに入ってきます。 一人目で発砲すると場所がばれるので、二人目以降にやられます。奇襲ポイントは一発撃ったらばれますので、落ち着いて、ヘッドを狙うのが肝心。 二人目をやったら、1人目、A部屋の敵と交戦しながら、A横に抜けて後ろを向いている敵を倒します。 ラッシュ状態で敵がAロングを足音を立てて突っ込んで来た場合は数人見逃して、後ろから撃つというのもありです。

2番と3番はAに入って来た敵を近距離で撃てる場所です。 敵はロングから撃たれたと思い、3に逃げる事が多いです。3番に行くには、ロングを渡らなければならない欠点もあります。ここは攻撃力の高いAK等がお勧めです。 対外敵は数人で来るので、死に易い場所です。
11番の場所に仲間がいると、少しだけバレにくいかも。

4番は緑箱の裏に隠れます。 敵がAに入って来ないと撃てないので、100%近く敵が数人いる状態になります。 グレネードがよく飛んでくる場所なので死に易いです。 10番に仲間が入れば、いい連携ができるでしょう。

5番ははしごの脇の箱の上側。 階段を見張られるので速攻このポジションに行かなければなりません。 でもうまくいけば、階段を見に来たスナを倒す事も可能です。下に行ったらグレネードをすぐ放ってもいいかもしれません。配置に着く敵を倒せる可能性が高いです。

6番階段の上です。 敵の視界に入る前に攻撃が出来る場所です。 突撃してきた場合でも数人やれる事もあります。 グレネードを構えて待っているのも手です。 ですが、スナにやられる可能性が最近とても高く難しい場所になっています。

7番スナポイントのドラム缶の影に座って待機。 敵に見つかると大変危険な場所です。 9番で敵がいない事を確認してから移動しましょう。 うまく行くと、敵が爆弾ツールを持って突っ込んできてくれる場合があります。 ここへ敵が来る場合は、対外数人の敵がいる場合が多いので、死に易いです。

23番はBロングに敵がいなくなったら、そこに隠れて敵を待ちます。 対外スナ勝負が終わると、Bは誰も見ない時間が発生するので意外と行けます。 まだ、実行回数が少ないせいか、警戒される事がほとんどありません。 旬のおすすめポイントです。


偵察ポイント

8番と9番はオブジェクトに隠れて、ジャンプしながら敵を監視するポイントです。 これで監視をされると非常に敵に嫌がられます。 TSを持っている人がやるのが基本です。 ラッシュが見方にいち早く報告できますが、敵に位置がばれるというデメリットもあります。 敵が来そうなら、近くのポイントに逃げるのがいいでしょう。 ジャンプをするときは不規則にジャンプしましょう。タイミングを狙われるとヘッドで殺されます。


Aの防御ポイント

10番はドラム缶に隠れながら敵を撃つ事ができ、ロングとサイドをカバーできる防御しやすい場所です。 なので、敵は大体この場所を警戒してAに入ってきます。 ここのコツは撃って、座って、を繰り返したり、真ん中に隠れながらステップして撃つと効果が高いです。

11番はドラム缶の間から、Aロングの入り口が撃てる場所で、とても防御しやすい場所です。
敵が隙間の視界以外に行った場合でも、立って撃つ事により、ドラム缶が良い盾となります。

12番はドラム缶を盾にして撃つ事が可能なポイントです。 それ以外にも、座って隠れる事も出来ます。 うまく行けば、敵が気づかずに設置している後ろを狙えるかもしれません。


中央の防御ポイント

13番はBやAに入られても急行できる防御ポイントです。 入り口の影を利用して、A横を狙います。敵がA横の影を利用した場合は1対1の勝負になってしまう事があるのがデメリットです。

14番は13番の逆バージョンですが、敵にAB攻められた時に駆けつけづらい場所です。

15番は緑箱の上で待機します。 ここでは音がかなり聞こえる場所なので、敵がどこにいるのかをチームに伝えるのも大きな役目となります。

16番は2階の窓から敵を撃つポイントです。 非常に死に難い場所ですが、狙える範囲が狭いので、敵が視界から抜けた場合、敵を追うのに時間がかかる場所です。 Aを見ながら、Bにすぐに防御にいける利点があります。

17番は壁にくっついてA横を見ます。 敵が飛び出さなければ姿が見えません。15番とセットで組むと、はさみ撃ちにする事ができます。


階段防御ポイント

18番は階段の奥で頭だけを出して撃つ事ができるポイントです。 遠距離が得意な銃がお勧めです。

19番は階段から上がって来た敵を倒します。20番と組めば二人でとても有効に相手を倒す事ができます。


Bの防御ポイント

20番は敵がBに入って来ても、階段を上ってきても対応できるポイントです。

21番は箱の隙間から相手を倒す事ができるポイントで非常に撃たれにくい場所です。

22番は箱の隙間から敵が入ってくるのを見つけ、敵がB奥を見るタイミングで飛び出し、柱等を影に戦います。


最後におさらい。

奇襲については、一試合に一箇所づつしましょう。 同じポイントに隠れても、次からは絶対に警戒されます。 奇襲の成功ポイントはタイミングです。 撃ったら気づかれるというのを頭においてください。

赤●の場所は敵が視界入る時間が同時な場所に二人以上入るのが有効です。 2対1の状況をより多く作れるようにするのが基本です。

最後に防御は、相手を殺す事より、自分を生かす事を考えて行動しましょう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sleepingcats55.blog118.fc2.com/tb.php/66-447cef01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。